よくあるご質問

料金表の中に、顧問報酬と手続報酬があるのですが、この違いは何ですか。

 

顧問報酬というのは、毎月決まった報酬をいただいて、お仕事をさせて頂くことです。主なお仕事の内容は、監督署、ハローワーク、年金事務所、健保協会等に提出する書類の作成や提出の代行と、労働法や社会保険諸法令に関する相談です。その他に、毎月1回の事務所便りの発行と労働者名簿の作成もしています。ただし、手続きの代行の中で、顧問報酬に含まれないものがあります。それは保険の新規加入、就業規則の新規作成または大幅な改定、各種助成金の申請、年金請求、第3者行為災害届などになります。

 手続報酬というのは、顧問契約はしていなくて単発で仕事を依頼していただき、その手続きによって報酬を頂くことです。ただし、顧問契約をしていても、保険の新規加入等顧問報酬に含まれないものについては、別途報酬をいただきます。

 金額についてはこちらを参照してください。

 

はじめて社会保険の加入手続きをします。顧問契約するかどうかわかりませんが、最初の手続きだけでも依頼していいですか。

 

もちろん、社会保険の新規加入手続きだけでもお引き受けいたします。報酬は手続報酬の新規適用の社会保険の欄をご覧ください。新規加入が終わった時点で当事務所から今後のことについて説明させて頂きます。その時にもう一度顧問契約をするかどうかお考えください。

 

手続報酬は〇万円〜という表示になっていますが、報酬にどれぐらいの幅があるのですか。

 

一般的な内容であれば表示させて頂いている金額になっていますが、何度も官庁関係に行かなければならなかったり、内容が複雑で時間がかかった場合には、それ以上の金額を頂いています。今までの十数年の経験によっても時間がかかってしまう案件に対しては、上乗せさせて頂きますので、ご了承ください。上乗せの幅ですが、手続きの種類と依頼内容によって変わりますので、詳しくは当事務所にお問い合わせください。

 

手続きに関しては弊社でできますが、労働者とのトラブルや法律に関することについて相談したい場合は、顧問契約になるのでしょうか。

 

単発のご相談でしたら、顧問契約になりません。1時間5000円(消費税別)として時間数に応じて請求させていだきます。ただし、毎月1度は相談したいというご要望でしたら、顧問契約の締結をお願いします。報酬については、人数に関係なく月額1万円(消費税別)からになります。詳しくは当事務所にお問い合わせください。

 

手続きを依頼する場合、どのような流れになるのですか。

 

まず、手続きの内容をお電話で確認します。ご用意していただく書類についてお電話で案内しますので、ご用意できましたらご連絡ください。ご都合のいい日時にご訪問して書類の回収等行い、当事務所が手続きを行い、官庁関係に提出します。すべて完了しましたら、お客様にご連絡します。ご希望の日時に控えや書類等を返却し、内容を報告させていただきます。その時に請求書も発行します。

 原則は、お客様の所にご訪問することにしていますが、お客様のご都合によっては、当事務所に来所、又は郵送又はメールさせていただいてもかまいませんので、ご希望をお聞かせください。

 

平日は仕事の都合でお会いする暇がありません。土日に来ていただくことはできますか。

 

できるだけ事業所様のご希望に沿った日時にご訪問しますが、日曜日は営業していませんので、土曜日の訪問になります。ご了承ください。

 また、手続の内容によっては、郵送又はメールでできる場合もありますので、ご訪問しないで進めることもできます。

 

私は労働者です。労働相談をしたいのですが、事務所にお伺いするのでしょうか。

 

労働相談に関しても、原則事務所に来ていただいています。(電話の相談は受け付けていません)また、報酬が1時間5000円(消費税別)になりますので、ご了承ください。

 それから、最初に相手の事業所のお名前を確認させて頂いてから、相談をお引き受けするかどうか決めさせて頂きますので、ご了承ください。